■基本的な考え方

 ・「刺激(環境)への反応感度」と「行動エネルギー(バイタリティ)」を測定することによって、行動特性を分析するマーケティング手法です

 ・本能的な行動は、意識の有無を問わず、生活様式やコミュニケーションに自然に反映されます(新しもの好きは新製品をいち早く購入し、おしゃべり好きは誰とでもすぐに友達になります)

 ・“本能的な思いや考え”は高い確率でその人物の“行動”として表出するのです

 ・行動特性の中でも、特に「消費」と「情報伝播」に焦点をあて、消費者を5パターンに類型化したのがG感性です

 ・G感性分析が、消費行動や流行を説明するのに有効なマーケティング手法であることが、これまでの調査・研究で明らかになっています

■類型

 ・G1:堅実で合理的なマイペース型

 ・G2:行動的・社交的なアクティブ型

 ・G3:他人から影響を受けやすい集団行動型

 ・G4:こだわりが強い自己満足型

 ・G5:マルチ感覚の独走型

■評価尺度

 ・五感の感度(音、映像):外部刺激に対して、どのようなポジションなら快適で満足できるのか、という自分と刺激との距離バランスを保つ感度

 ・環境への感度(TPO):置かれた環境への順応性を表す感度

 ・人への感度(色、デザイン):他人から評価される部分についての感度

 ・自己アピール(自己顕示力):自らを外に向けて表現していこうとする意欲。

 ・行動力(購買行動力):自らの感性を具体的に行動に結び付けていく力。

 ・情報発信力(情報伝播力):感じたことを周囲へ伝えていくエネルギーの強さ。

■G感性診断

 ・以下をクリックするとご自分のG感性類型を判定できます。

  

■ママタイプ判定テスト:母親としての行動特性を4つのタイプに分類します

 ・以下をクリックするとご自分のタイプを判定できます。

  

■R能力判定テスト:リーダーシップを中心にビジネスパーソナリティを17タイプに分類します

 ・以下をクリックするとご自分のタイプを判定できます。

  

■C性格判定テスト:明るさ、気長さなどを軸に性格特徴を13タイプに分類します

 ・以下をクリックするとご自分のタイプを判定できます。