パパラFAX :: 会員規約

第1章 目的

第1条(本規約の目的)

本規約は、株式会社メディア・マーケティング・ネットワーク(以下では、「MMN」という)がファクシミリ通信によって行うリサーチ事業(アンケート調査、インタビュー)に関して、第2条に規定する会員とMMNの間における権利義務を定めることを目的とします。


第2章 会員

第2条(会員登録)

  1. 本規定を承諾の上、入会手続を完了し、MMNにより入会の承諾を得たものを会員とし、パパラFAX会員と呼びます。
  2. 登録は、一人について一登録とします。また、同一のファクシミリ番号による複数登録は原則として認めません。ただし、同居家族に限って認める場合があります。
  3. MMNが不適切と認める場合には、登録を拒否することがあります。

第3条(会員の義務)

  1. 会員は、本規約を遵守する義務を負います。
  2. 会員は、登録されている会員情報に変更が生じた場合には、すみやかに、登録事項を変更する義務を負います。
  3. 会員は、アンケートの内容及びアンケートを通じて知りえた情報について、守秘義務を負います。

第4条(費用負担)

  1. 会員は、電話・ファクシミリなどの通信費、郵送費、及び、その他の費用を負担します。

第5条(禁止行為)

会員は、以下の行為をしてはなりません。

  1. 法律に違反する行為、又はその恐れのある行為
  2. 公序良俗に反する行為
  3. パパラFAXの運営を妨げる行為
  4. パパラFAXを利用した営業活動、又はそれに類する行為
  5. 他の会員、又は、第三者を害する行為
  6. 虚偽の個人情報の登録
  7. アンケート調査の回答を他人に代行させる行為
  8. 他の会員に対するアンケート調査の回答を代行する行為
  9. 会員登録・アンケートへの参加を通じて得た情報をアンケートへの回答以外の目的で利用すること
  10. 不正回答をする行為
  11. 前号までに記載された行為に類する行為

第6条(退会)

会員が退会を希望する際には、退会申出手続を行う必要があります。MMNは、会員からの退会手続を受信した際には、遅滞なく社内における退会手続を完了し、会員登録情報を抹消します。


第7条(登録削除)

MMNは、会員が第5条記載の禁止行為を行うなど、MMNが会員を不適切と認める場合には、当該会員の事前の承諾を得ることなく、当該会員の登録を削除することが出来ます。


第3章 謝礼

第8条(ポイント制)

  1. 会員がMMNの依頼するアンケートに不備なく回答し、回答期限までにMMNに対して回答をファクシミリ送信、あるいは、郵送した場合、当該会員はアンケートに記載されたポイントを取得します。
  2. ポイントの合計数が3000ポイントを超えた場合、会員は、謝礼として、3000ポイント以上500ポイント単位のポイントを、1ポイント1円に換算して、換算金額分の図書券、CD券、または、商品券の送付を請求することが出来ます。
  3. 会員が前項記載の請求をされる場合には、送信済みのアンケート用紙を全て同封の上、MMN宛てにポイント交換申込書を郵送します。
  4. 会員は、前項記載の交換申込書を投函した時から、60日を経過しても謝礼が届かない時、または、申し込んだ謝礼と異なる謝礼が届いた時には、遅滞なくMMNに対してその旨連絡することとします。上記投函時から120日が経過した後には、MMNは、不着、又は、謝礼違いのお問い合わせに対して、責任を負いません。
  5. 会員の登録情報が、事実と異なることが原因となって、謝礼が届かない場合、MMNは、再発送等その不着の責任を負いません。

第9条(ポイントの失効)

  1. 会員が獲得したポイントは、暦年7月1日に失効します。しかし、会員が4月1日から6月30日までの更新期間内に、ポイント更新書をMMNに対してファクシミリ送信することにより、ポイント更新手続を行った場合には、更新手続を行った翌年の6月30日まで、ポイントを持ち越すことが出来ます。
  2. 2004年6月30日までに会員となった会員は、経過措置として、前項に関わらず、2005年7月1日にはそれまでに取得したポイントは失効しません。前記ポイントは、更新手続なしに2006年6月30日まで持ち越すことが出来ます。
  3. 第6条により、退会手続を行った会員のポイントは、退会申し込みをMMNが受信した時点で失効します。
  4. 第7条により、登録削除となった会員のポイントは、MMNが登録削除のお知らせのファクシミリ送信手続を行った日から、30日経過した時点に、失効します。

第4章 その他

第10条(アンケート結果等の帰属)

  1. アンケート、及び、その集計結果に関する権利は、MMNに帰属します。
  2. MMNは、その裁量において、アンケートを依頼する会員の決定(選出)をすることができます。

第11条(個人情報の保護)

  1. MMNは、登録された会員情報を適切に管理する誠実義務を負います。
  2. MMNは、登録された会員情報を、アンケートを依頼する会員の決定(選出)、アンケート結果の集計・分析、報酬の送付の目的で利用します。
  3. MMNは、登録された会員情報を、法で許された場合を除いて、事前の承諾なく、前項記載の目的以外で利用しません。

第12条(パパラFAXの中断・廃止)

  1. MMNは、以下に該当する場合には、会員の事前の承諾を得ることなく、パパラFAX事業を中断することが出来ます。
    1. OA機器の変更及び定期保守
    2. 火災、停電、天災などの不可抗力
    3. その他、前項までに類する場合
  2. MMNは、その判断により、パパラFAX事業を廃止することが出来ます。但し、その場合には、会員に対して、登録されたファクシミリ番号、住所、又は、メールアドレス宛てに、ファクシミリ送信等にて廃止する旨を知らせ、廃止までに加算されたポイントのうち3000点を超えるものについては、第8条にしたがい、30日を越える期限を定めて会員にポイント交換の機会を与えます。

第13条(規約の変更)

MMNは、本規約を、会員の承諾なく、変更することが出来ます。但しその場合には、会員に対して、登録されたファクシミリ番号、住所、又は、メールアドレス宛てに、30日以上前に規約の変更をお知らせし、会員に対して退会の機会を与えます。


第14条(専属的合意管轄)

本規約、又は、パパラFAX事業に関して生じた紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を管轄裁判所とします。